【試乗】キャスト スポーツ(ダイハツ)

キャストスポーツは、同シリーズ中でターボ搭載のみを構成されたモデルです。エンジンは他モデルと共通なのでターボ車のフィーリングを掴むために乗ってみました。

サスペンションやタイヤなどの足回りはコペンをベースに作られており、見た目だけでなく軽スポーツを楽しめそうです。

エクステリア

新車で買える4名乗車の軽スポーツといえばキャストスポーツ、アルトワークス、n-oneと限定された選択肢しかありません。

キャストシリーズは全体に丸みのあるクラシカルなデザインです。スタイル、アクティバ、スポーツと3種類から選ぶことができますが、スポーツはカラーリングでその特徴をしっかり引き出せています。

フロントグリルは「S」のエンブレムが装飾されてます。

ミラーとリアサイドパネルのカラーは、標準仕様でボディーカラーと同色かレッドに変更できます。

オプションのデザインフィルムトップのカーボン調は、模様だけでなく表面が立体的で高い質感です。

デザイン性はスポーツの名にぴったりです。気になるのは、どの程度持つのか天候による耐久性です。耐候性を備えていたら、もしくは容易に再施行できるのなら気軽に模様替えできそうですが現時点では再施行はディーラー非対応のようです。

リアライトは、ライトスモークです。バンパー部はダークでエッジが効いています。

インテリア

キャストスポーツの内装は、アクティバやスタイルの上位グレード「プライムコレクション」と同格の装備が標準仕様になります。スタイルやアクティバのベースグレードと比べると格段に内装は良くなっています。

ハンドルはパドルシフト付MOMO製のステアリングです。グリップがしやすく乗り手のテンションも上がってきます。

インテリアパネルは黒と赤を基調としたデザインです。赤色の光沢が上手く抑えられており、派手すぎずしっくりきます。

ドアパネルのスイッチ部はピアノブラックです。スイッチ周りはプラスチックむき出しでなくしっかりした感じです。

ペタルは、オプションを含めてアルミの設定はありません。標準タイプのフロアマットですが、必要十分でコストを抑えるならこれ一択という印象です。

レザーシートは滑りすぎることなく、クッション性もよく乗りやすかったです。

走行性能

キャストスポーツはターボのみの設定です。NAも最近のCVTで動力性能は一昔の軽と比べると静粛性はやや良くはなっていますが、ターボの乗り味は全く別物です。

ターボのトルク、抑えられたエンジンの回転数からNAの選択肢は一瞬で消えてしまいます。NAで感じたもっさり感がターボでうまく解消されてツアラーとして非常に乗りやすいです。

足回りもコペン譲りのセッティングのおかげで、カーブの安定性はスタイルやアクティバと異なりふらつく感じが抑えられており走りやすいです。アクティバやスタイルは同乗者へ配慮した乗り心地ですが、高速や交差点などドライバー視点だとキャストスポーツのセッティングは安心感があります。

まとめ

プレミアム軽カーとして乗り出り200万円となるモデルが増えつつあります。特にキャストスポーツは他シリーズと比べ高めの価格ですが、それに見合う乗り心地や実用性をしっかり備えてます。

現行の4人乗りで走りを楽しめるモデルは数少ないですが、キャストスポーツなら楽しく運転ができそうです。

地域によって異なりますが、見積もりを正規ディーラーのみだと想像以上に値引きは少なかったです(車体価格-約5万円のワンプライス)。決算期などのナビゲーション割引があれば、総支払額に期待できるかもしれません。

もし買う時期を早める場合、本格的な交渉は近隣のサブディーラーと競合しつつ値引きした方がよさそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする