【試乗】インプレッサ SPORT(1.6i-L EyeSight)

2016年のフルモデルチェンジから少し改良された「インプレッサSPORT」。スバルグローバルプラットフォーム を最初に採用したモデルであり、スバルの歴史を支える1台です。1日間、しっかり試乗する機会を得たので走ってきました。

全方位で質感も向上しており、テレビCMでも大きく取り上げています。

エクステリア

フロントは、スバルの定番デザインとなるアイラインです。グリルやライトの配置が上手くかみ合っていて引き締まったデザインです。

リアはサイドを大きく張り出しボリュームがありますが、車体サイズそのものがコンパクトなので運転時にそこまで注意を払うことはないです。テールライトはコの字のラインが美しいです。

インテリア

内装はスバル車として高いクオリティです。視線に入るところの細部までマテリアルにこだわりを感じることができます。

運転席に着座すると、インパネの形状に抑揚があって包み込まれる感じです。マルチファンクションディスプレイ の情報量は多く、安全装備の動作や燃費など確認できます。

ディスプレイはセンターにあるので視線を大きく動かすことなく確認できます。オプション設定のサイドビューモニター が搭載されていると、左前方の死角部分をマルチファンクションディスプレイにて表示できます。後付けで欲しいと言えるほど、かなり便利な機能です。

シルバーのステッチとカーボン柄のパネルがダッシュボードやドアに加飾されています。ブラックを基調としたデザインで落ち着きつつスポーティなイメージです。

ドアの上部はソフトパッドでクッション性があります。重みも少なく力をかけず開閉できます。

走行性能

試乗したのは1.6i-L EyeSightです。見た目は想像以上に良かったので、走りにも期待して運転すると好調レヴォーグとの違いをはっきり認識させられました。1.6Lエンジンと排気量のダウンサイジングが多いけどインプレッサは自然吸気(NA)です。

1.6Lターボであるレヴォーグを先に経験しているとエンジンが非力で車体が重く感じます。街乗りなら気にならないけど、高速を流したりフル乗車をするならもう少し余裕が欲しいところです。
(レヴォーグの1.6Lターボは最高出力:125kW(170ps)/4,800〜5,600rpm、最大トルク:250Nm(25.5kgm)/1,800〜4,800rpmです。)

試乗したモデル

インプレッサ SPORT(1.6i-L EyeSight[AWD])
最高出力:85kW(115ps)/6,200rpm
最大トルク:148Nm(15.1kgm)/3,600rpm
JC08モード燃費:17.0km/L

まとめ

質感が向上した内外装は魅力として充分なインパクトです。運転に楽しさを求めるならレヴォーグに軍配が上がります。スバルらしく走る車として是非ターボが追加されることを楽しみにしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする