クロスオーバー7のドアに思わむ凹み!? デントリペアをプロへ依頼してみた

台風など天候もだいぶ落ち着き、休日に洗車をしていたらドアに異変を感じました。

身に覚えのないキズが…orz 納車してわずか半年というのに、ヘコミの大きさ以上に精神的なダメージが大きいです。損傷としては塗装に目に見えるようなキズもなく、何かに押されたようなヘコミのみが有ります。

納車時に5年保証のガラスコーティングをしていた為、簡単に板金修理はしたくないと考えたけどそのまま放置するのも気が引けて見積もりに何店か訪ねてみました。

ヘコミ1つでも見積もり結果は全然違う

板金修理を依頼するのはこれが初めてというわけでは無いけど、まだまだ大切に乗りたい車なので修理業者は信頼できる場所を慎重に選ぼうと調べて行きました。地元で信頼のある店とネットの口コミなどをもとに初見の店へ見積もりを依頼しました。

A店:デントリペア 20,000円
B店:板金+部分塗装 37,000円

A店は地元では人気のある板金業者ですが、塗装無しで修理ができると説明を受けました。コーティングの心配も問題無いのですがデントのみですと料金が少し高めです。B店は初見で行った場所ですがヘコミを埋めてボカシで作業をするとのことでした。

修理した直後なら、仕上がりはどちらでも満足できると思います。長い目でみて経年劣化したとき板金の部分塗装は色ムラが正直心配です。(長期保証を謳っていましたが、万が一閉店となったら補償は無意味です。)

一般的にも板金は安くて良いところってあまりなく、作業工程をしっかり行い手間暇をかけた方が仕上りの完成度が良くなります。当然作業が増えれば値段も膨らんでしまいます。キズも無い些細なヘコミであれば塗装せずなんとかデントリペアで解決できればと悩んでいると。。。

ふと、デントリペアなら「専門業者を探して依頼した方がいいのでは!?」と思い浮かび、調べてみました。

デントリペア専門業者とは

デントリペアは正式には「ペイントレスデントリペア」と呼ばれます。文字通り、塗装を施さず車体の隙間から専用ツールを使うことで直接的にヘコミ部分を修理します。

最大のメリットはオリジナル塗装はそのまま残して修理するので、色あせやムラなど心配することなくコストも板金+塗装と比べるとお値打ちです。デメリットをあえて言えば損傷の場所によってツールを使うことができない場合があることです。

デントリペアという修理方法自体は吸盤やクルーガンなどを使用して素人でも挑戦したことの方もいると思います。専門業者となると塗料この修理に長けた職人となるので歪みを補正する仕上りの満足感が変わってきます。

多くのショップではヘコミの大きさごとに料金設定も明確にしているので安心して依頼することができます。

施工でお世話になったショップ

色々調べた結果、名古屋市中川区にある「デントリペア東海 」へ依頼しました。


住所:名古屋市中川区大当郎2丁目504番1号

ヘコミを確認してもらい作業費用は2cm以下のヘコミとの判断で費用は12,000円。そのまますぐ作業を行ってもらうことができました。

待ち時間の間、近くにあるコンビニへ行きコーヒーでも飲んでいると作業完了の連絡がありました。開始から30~40分と非常に早く終わりました。

車体を確認すると見事に復活してました。強めの光源をあてて確認させてもらえましたが目視では元のヘコミの位置が分かりません。

比較しやすいように作業前の状態です↓

手際よく作業してもらうことができ大満足です。気になるヘコミがあればぜひ専門業者へ相談することをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする