海獣とふれあい、おもちゃで遊べる水族館「南知多ビーチランド」

愛知県美浜町にある南知多ビーチランドは、海のいきものと近距離でふれあうことができる水族館と親子で楽しめる玩具のあるおもちゃ王国が併設された施設です。どちらも同じ入場券で入ることができます。

一部体験は有料ですが、無料(入園料のみ)でしっかり満喫できます。実際に行ってインパクトのあったものをピックアップしました。

冒険感が溢れる「レッグダイブ」(海洋館)

正門ゲートをくぐるとフォトスポットがあり、まっすぐ進むと海洋館があります。

海洋館のなかは、大水槽と小さな水槽が続く2つのエリアで構成されます。

レッグダイブは、沈没船とそこに暮らす魚たちモチーフにした演出がこらしてあり、船内部だけでなく周辺にも大砲など複数のポイントがあります。

宝箱や引き出しなどいたる所に仕掛けがあって、子供たちははしゃぎながら開けてました。

周辺には海底に沈んでいでいるかのごとく水槽がありました。

奥へ進むと学校の実験室みたいなコーナーもあります。

次々と海獣にタッチする「ふれあいカーニバル」

毎日開催しているイベントで、無料参加できます。海洋館付近にある看板でスケジュールをチェックしておくと便利です。アザラシ、アシカ、イルカと順にタッチすることができます。

執筆時点では11:45~12:20と14:00~14:35の2回開催でした。

ビシャ濡れ度合は東海屈指!イルカ・アシカショー

子どもに好評だったのがビーチランドのイルカとアシカのショーです。前列のオレンジシートは水をわざとかけに来ているかという位にかなり濡れます。

オレンジシートでなくても前席は余裕をもって座らないと濡れる可能性有りです(笑)
アシカショーは前列のみでなく客席を広く移動してくれます。通路側や後方中央なら、アシカを間近でみることができます。

プラレールやブロックなどで遊べるおもちゃ王国

ビーチランドの奥へ進むと、おもちゃ王国へ入ることができます。おもちゃ王国は、建物ごとでプラレールやブロック、シルバニアファミリーなどに区切られています。

建物内は遊べるスペースや数も多いので、1個ずつ行くだけで結構時間がかかります。

子供がおもちゃに集中している間、大人たちはいい休息が取れます。

この他、家庭向けエアホッケーやオセロなど楽しめる「アクションゲームワールド」や知育玩具のある「まなびのハウス」など紹介しきれない場所がたくさんあります。さらに詳しくみるなら公式サイトで確認してみてください。

所要時間の目安

主要部なら半日で楽しむことができる規模です。隅々まで順番にみる場合は開園から行くことをオススメします。

入場料

大人:1,800円
子供(2歳~中学生):800円

株主優待で入場券があるようです。うまく活用できれば。。。

住所

〒470-3233
愛知県知多郡美浜町奥田428-1

公式サイトから車の場合は駐車場600円ですが、近隣(すぐそば)に300円など安く停められる民間駐車場を利用するとお得です。

南知多ビーチランドの近隣施設

知多半島の対岸ですが、車で約20分かけて併せて行きたいスポットとして魚太郎 本店 があります。

浜焼バーベキューやテラスで海鮮を食べれます。旨いもの屋台は看板メニューの魚太郎定食(1,580円)をはじめリーズナブルな品揃えが多いです。

遊んでしっかり食事のコースを1日かけて楽しんでみるのもいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする