海獣と近距離でふれあえる水族館「伊勢シーパラダイス」

伊勢市二見町にある伊勢シーパラダイスは、セイウチやカワウソなどの生き物たちとふれ合える水族館です。三重県といえば鳥羽水族館が有名ですが、シーパラダイスは優れたエンターテインメントで昔から多くのファンがいます。

シーパラダイスの魅力は、なんといっても動物との距離がすごく近いことです。では、見所を紹介していきましょう。

屋内にジャングル!?トロピカル広場

入口からすぐ木々が生い茂ったジャングルみたいな空間、トロピカル広場があります。森みたいに植物はあっても屋内なので雨のの心配もありません。

水槽のデザインも遊びごころがある印象です。トロピカル広場には売店もありました。

ペンギンの森は土の上を歩く様子を観察できます。ペンギンと言えば寒いところにしかいないかと思いきや、ほとんどの種類は海の海岸近くの森の中など陸上で暮らすそうです。

ここでしか味わえない!?超近距離体験できるセイウチのお散歩とアシカショー

伊勢シーパラダイスは動物とふれあえる機会がとても多いです。カワウソと握手をしたり、バンドイルカとキャッチボールをすることもできます。

特にインパクトのあるイベントは、「セイウチのお散歩タイム」と「アシカショー」です。

イメージをブチ壊すセイウチ

セイウチのお散歩では、セイウチを触ることができます。目はNGですがキバやヒゲなど全身を触ることができます。大人よりはるかに大きな身長、約1トン近くもある体重は、近くで見ると圧倒されます。

でもお散歩中に見せるしぐさは怖いイメージを一気に吹き飛ばしてくれます。芸達者でとても人に慣れた様子で悠々とお散歩をしてくれます。

運が良ければ「セイウチからの闘魂注入」で背中をヒレで叩いてもらえるかもしれません。水槽にいるときも人懐っこく寄ってきてくれました。

アシカショーやアザラシとのふれあい

アシカショーの最前列は水面からすぐ目の前までアシカが近寄ってくれます。

アシカはショーで充分近くでみることができますが直接ふれあうことはありません。しかしアザラシたちはタイミングがよければ海獣広場でお散歩するところに遭遇できるかもしれません。

また、ゴマフアザラシが膝へ乗ってくるイベントもあります。イベント以外にも散歩したりすることもあるので海獣広場は要チェックです。。

しっかり動物たちとふれあいたい場合は、公式から案内されるイベントのスケジュールを確認して下さい。

疲れたら海底ごろりんホールでくつろげる

2階はゆったり休憩できる「海底ごろりんホール」があります。ソファやコタツのような小さなテーブル、マットなどウトウト寝てしまえるくらいくつろぐことができます。ショーで盛り上がってあとに一息つける憩いの場です。

夕方は人も少ないので穴場的に利用できるのでおすすめです。

まとめ

鳥羽水族館や名古屋港水族館など大きな水族館もありますが、ふれあいやサービス感満点のシーパラダイスは温かい気持ちで動物を見ることができます。近くには名所である夫婦岩や伊勢神宮などもあるのでぜひ足を運んでみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする